今年が「童謡100周年」ということで次のようなオカリナのソロコンサートを企画しました。

大正7年(1918年)文芸雑誌「赤い鳥」が発刊されて今年で100年、この雑誌から数々の童謡が生まれ今日まで歌い継がれていることから、今年は「童謡100周年」と呼ばれているそうです。
そこで私もそのような童謡や唱歌ばかりを集めた1時間ぐらいのオカリナソロコンサートを企画し、色々な所で演奏させていただきたいと思っています。

プログラムの一例
荒城の月
春の小川
おぼろ月夜
うれしいひなまつり
仰げば尊し
こいのぼり
背くらべ
ゆりかごの唄
たなばたさま
我は海の子
とおりゃんせ
シャボン玉
もみじ
赤とんぼ
夕焼け小焼け
七つの子
赤い靴
冬景色
叱られて
ふるさと
月の砂漠

今回の企画と同じ内容ではありませんが、オカリナのソロコンサートの響きは次のような感じになります。

出演料は上記のようなオカリナ1名の場合、10000円+実費交通費です。
とうかよろしくご検討ください。

粟辻泰史(アワツジヤスシ)のプロフィール
1981年京都市立芸術大学フルート専攻卒業
2015年 オカリーナユニオンジャパン主催のコンクールにおいて審査員特別賞を受賞
2016年 同コンクールにおいて第3位入賞
2017年 大阪国際音楽コンクール入選
現在、JEUGIAフォーラム御池、天理楽器京都店、京都リビングカルチャー倶楽部、京都府教職員互助組合教養講座のオカリナ講師を務める。